債務整理や自己破産は最終手段として考えておく

キャッシングで借りたお金が返せなくなったとき、それを解決してくれるのが債務整理というものです。そもそも、返せなくなるということはキャッシングを利用する方法を間違っていたり、利率の高さなどが理解できていないといったことがあります。

 

ですからこの債務整理という方法を利用することがないように、自分の返済能力をしっかりと把握した上でキャッシングを利用しなくてはなりません。

 

それでも、世の中の情勢で返済が不可能になってしまった場合、この債務整理というものを行うことで、利息分の返済を免除されたり、分割年数を延ばしたりすることができます。

 

また、過払い金の請求につながることもあります。まだ返済途中なのに、なぜ過払い請求ができるのかということに疑問を持つ人も多いといいますが、債務整理を起した場合、キャッシングでのキーポイントになる利息をその時代の一般的な利息に引きなおすことになります。

 

そうなると、たとえば、バブルの時代の高い利率で計算され、原資に加算されていた利息が、不景気の時代の低金利に引きなおされるので、引きなおされた後の金額が、今までに返済されている金額よりも多くなっているため、過払い金請求になるというわけです。

 

しかし、こうなる前に、本来であれば上手にキャッシングを利用することができればよいので、やはりしっかりとした知識をもった上で、キャッシングを利用する必要があるということがいえます。

借り入れが増えた場合の良い対処法とは

借金が増えてしまって返済が出来なくなりそうと考えた場合は、自転車操業的な借り入れを繰り返すのではなく、多くの借り入れを一つにまとめる「おまとめ」を考えると良いでしょう。おまとめローンの審査に通れば返済が楽になりますので、今まではギリギリだった月々の返済も、余裕を持って行える可能性が高くなるのです。
オリックス銀行カードローンでおまとめローン