新社会人でも仕事についているのであれば借り入れも可能となる

社会人一年目でキャッシングを利用する人は、実はとても多くいます。

 

収入は少ないけど、月々の出費は意外にかさむもの。家賃や食費、光熱費などの生活費だけでなく、同僚や上司とのランチや、ミーティングや親睦を兼ねた飲み会など、お金に羽が生えたようにどんどん飛んで行ってしまうのです。

 

そこで便利なのがキャッシングです。

 

新入社員でも借りられる

無担保・無保証で現金の融資を受けることができ、簡単な審査によって場合によってはその日のうちに現金を手にすることができるなど、お金に困っている社会人一年目の人にとって大変ありがたいサービスです。

 

さて、先にも述べましたが、融資を受ける際には審査が必要です。定職についており安定した収入があることはもちろん、その会社の勤続年数や本人の年収も審査に係ります。では社会人になってまだ一年足らずの人にとっても審査に通ることが可能なのでしょうか。

 

答えは「イエス」です。しかし、審査基準が厳しい銀行系の会社などでは審査に通らない場合もあります。また通ったとしても、社会的な信用がまだ不足しているという理由から、融資の限度額が低いなどということもあります。

 

審査では過去や現在の借り入れや返済状況なども見られますが、自己破産などでブラックリストに載っているなど、よっぽどのことがない限りは審査に通るものと思っても大丈夫です。ただし、返済計画はしっかりと立てた上で利用しましょう。

初回の限度額には期待しないこと

消費者金融や銀行の借り入れ条件を見てみると、限度額が最高で800万円や500万円という数字が並んでいます。
これだけのまとまった金額の借り入れが出来れば余裕があるものですが、基本的に初回の契約、さらに目的の定まらないフリーキャッシングについては、このような限度額での借り入れは難しいと考えた方が良いでしょう。
初回であればせいぜい30万円程度となりますので、期待しすぎないことです。