カードローンの保証会社の役割とは

個人が銀行からお金を借りようと思ったときには、担保や保証人を必要とする場合が多いです。しかし、カードローンの場合には保証人が必要ない場合が多いです。ですから、例えば保証人になってくれるひとがいなかった場合でも、借りることができます。

 

その代わりに、銀行などの金融機関のカードローンでは、保証会社の保障を受けなければならない場合が多いです。もしも返済ができなくなったときには、借りた人に代わって保証会社が返済を行い、借りた人は銀行に対して返済をしていくのではなくて、保証会社に対して返済をしていくことになります。銀行としてももしものときのために保証会社との契約をすることとを義務づけているのです。

 

このような商品内容になっている場合には、保証会社の保障を受ける事ができないと借りることはできません。では、保証会社とはどういった会社なのかと言いますと、消費者金融や信販会社が保証会社になっている事が多いです。

 

つまり、自社でも貸付のサービスを行っている会社が保証会社となっているのです。大手都市銀行の多くは子会社として消費者金融を抱えています。

 

どちらかというと、銀行のカードローンは審査が厳しい傾向がありますが、その理由は銀行の審査を受けなければならないだけではなくて、保証会社の審査も受けなければならないからです。

銀行カードローンにおける保証会社の存在を知っておく

銀行から借りる場合の保証会社はそれぞれであり、借り入れ先によっても異なります。借り入れ先による違いはオリックス銀行カードローン保証会社ならオリックス・クレジット株式会社か新生フィナンシャル株式会社となっていますので、確認をしておくと良いでしょう。
モビット電話審査